犬のしつけ方法    




ドクターズダイエット 知ってますか?

ドクターズダイエットを知っていますか?

動物病院でしか手に入れることができない
ワンちゃん専用のペットフードです。

ペットにはつい美味しいものだけをあげてしまい、
太り過ぎにしてしまうケースがよくあります。

ただ可愛がるだけの食事では、ペットの身体には決してよくありません。
栄養バランスが崩れてしまえば、
動物も人間と同じように病気になったり体調を崩したりするのです。

もちろん飼い主さんはその事実を
理解しているとは思いますが
愛犬かわいさについつい高カロリーの
食事やおやつを与えてしまうことも・・・

そのためには、飼い主が気をつけてあげなければなりません。
これからは、ペットが喜んで食べられて、
しかも健康維持に配慮したペットフードが必要です。

そこで、お勧めなのが
ドクターズダイエット

 1.ペットの健康を考えて開発した動物病院向けペットフード
 2.犬の成長に合わせて
  グロース、メインテナンス、シニアライトの三種類があります
 3.健康・安心・高嗜好を重視した処方をしています。
 4.厳選された良質素材を用いて、全て国内で製造しています。
 5.着色料は使用しておりません。
 6.使用している全ての原料を表示しています。

ドクダーズダイエット
  犬用の特長&5つの配慮

1.ベタイン添加で肥満に対応
  ベタインは脂質代謝に働きかけ、
   体脂肪の蓄積を抑える働きがあります。
   メインテナンス・シニアライトではベタインを添加し、
    様々な疾患の原因となる肥満に対応しています。

2.適切なマグネシウム含量、適切な尿pH
  従来、猫に発症しやすい下部尿路疾患は、
   犬での罹患も増えているといわれています。
  ○ 低いマグネシウム含量
    高いマグネシウム含量は、
     ストルバイト尿結石の一因となります。
   ドクターズダイエット
     マグネシウム含量を低減し、
    高齢期にはシュウ酸カルシウムに起因する
   結石の危険性が高まるため、カルシウム過剰にも配慮しています。
 
  ○ 適正な尿pH
   下部尿路疾患はフード中のイオンバランスにより
    尿pHが変動し、尿結石の形成に影響を与えます。
   ドクターズダイエットは、
    ミネラルやアミノ酸を調整し、尿を弱酸性化することで
    尿pHの目標値を、それぞれのステージで
      最適になるように設計しています。

3.健やかな皮膚・被毛への配慮
  γ-リノレン酸は表皮の水分を保持したり、
  代謝されてプロスタグランジンなどの局所ホルモンとなり、
   表皮細胞の恒常性を保ちます。
  γ-リノレン酸、ω3脂肪酸(DHA)、
   亜鉛を強化していますので、  
    愛犬の健康で艶やかな皮膚・被毛を維持します。

4.抗酸化・免疫力への配慮
  老化の原因とされる体内での過酸化脂質の生成と蓄積。
   ドクターズダイエットでは過酸化脂質生成の
  原因となる活性酸素を除去する
   ブドウ種子ポリフェノール(水溶性)の配合と
   ビタミンE(脂溶性)の強化、
     更に生成された過酸化脂質を分解する有機セレンを
     配合しました。
   ブドウ種子ポリフェノール、ビタミンE強化、
   セレン酵母の複合抗酸化システムで 
     愛犬の抗酸化力・免疫力を維持します。

5.シャンピニオン・フラクトオリゴ糖で気になるにおいを解消
  シャンピニオンは、マッシュルームから抽出したエキスで、
  動物消化管の中で悪臭物質の生産を抑え、
  排泄物などの臭いを減らします。
   フラクトオリゴ糖は、腸内で乳酸菌(善玉菌)を増殖させ、
   ウエルシュ菌(悪玉菌)を抑えて便の状態を改善し、    
    体臭・便臭を抑制します。


動物病院で
ドクターズダイエットを処方してください」
といえば、ほとんどのケースで
受け取ることができます


  

犬の結石症 治療方法

犬の結石症 治療方法

誰もが犬を飼い始める時には、
自分の犬がまさか病気になるとは思っていませんよね。
しかし、現実に病気になってしまうと、
なにをどうしたらいいのか慌ててしまいます。
病気によっては飼い主さんが前もって防いであげることの
できるものもあります。

もちろんそうでない病気もたくさんあります。
ここ数年、ペットの膀胱や腎臓などに関わる
泌尿器関連でのトラブルが目覚しく増えています。

特に愛犬結石症になり、
色々と悩んでいる飼い主さんが多いという話をよく耳にします


結石症を治すポイントは2つ>

 結石症になる原因を見つけ、それを改善する
 ◎本来、動物が待っている治癒力を高め、
     病気になりにくい身体をつくる



 言葉にすると簡単なことなのですが
   この2つのことさえ守っていけば
    愛犬結石症になることは
      ほとんど無いでしょう


 では2つのポイントを
   詳しくお話ししますと・・・・


     続きを読む

犬の病気 〜結石症〜

犬の病気 〜結石症〜


結石症とはいったいどんな病気なのでしょうか?



症状と原因


結石症の症状は結石の存在する部位によってさまざまですが、
結石の物理的な刺激によって痛みを訴えます。
 ・オシッコに血が混じる血尿
 ・定期的に頻繁にオシッコを繰り返す・
 ・オシッコが終わった後に少量のオシッコがたれ続ける。

     などです

また、膀胱炎
(大腸菌・ブドウ球菌などの細菌感染や膀胱結石によって、
     膀胱の内壁が炎症が発症)
      や膀胱結石の疑いもあります

とくに尿管結石尿道結石の場合
痛みが強くあらわれることが多く、
犬は背中を丸めて腹部を緊張させ、
さわったり抱き上げられるのを嫌がります。
原因は食餌や飲み水などから摂取された
カルシウム・マグネシウム・リン・などの
ミネラルが成分となって尿中のたんぱく質と結合して作られます。

年齢的には約5〜6歳前後から起きやすく、
犬種ではポメラニアン・シーズー・マルチーズなどが
膀胱結石になりやすい種類だと言われています

また、オス犬が比較的にかかりやすく、
尿道が短かいのと・地面に腹這いになる姿勢が多いため
外部から膀胱内に細菌が侵入しやすいからです。

しかし、通常、動物の体は自浄作用があるため、
健康な犬の場合は多少、体内に細菌が侵入しても
すぐに感染症を起こすことはないでしょう。

ただ、あまり水を飲まないで排尿しない犬になりますと、
膀胱内に細菌が混入した尿が長時間溜まっている状態になり
感染症になりやすいです。


膀胱結石の犬は、膀胱内に尿がたまった状態で散歩や運動をして、
いきなり膀胱が破裂することもあるそうです
愛犬の排尿前後の動作に十分注意してあげて、
様子がおかしいと思ったなら
すぐに動物病院で検査・診察を受けてください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。