犬のしつけ方法    




ドクターズダイエット 知ってますか?

ドクターズダイエットを知っていますか?

動物病院でしか手に入れることができない
ワンちゃん専用のペットフードです。

ペットにはつい美味しいものだけをあげてしまい、
太り過ぎにしてしまうケースがよくあります。

ただ可愛がるだけの食事では、ペットの身体には決してよくありません。
栄養バランスが崩れてしまえば、
動物も人間と同じように病気になったり体調を崩したりするのです。

もちろん飼い主さんはその事実を
理解しているとは思いますが
愛犬かわいさについつい高カロリーの
食事やおやつを与えてしまうことも・・・

そのためには、飼い主が気をつけてあげなければなりません。
これからは、ペットが喜んで食べられて、
しかも健康維持に配慮したペットフードが必要です。

そこで、お勧めなのが
ドクターズダイエット

 1.ペットの健康を考えて開発した動物病院向けペットフード
 2.犬の成長に合わせて
  グロース、メインテナンス、シニアライトの三種類があります
 3.健康・安心・高嗜好を重視した処方をしています。
 4.厳選された良質素材を用いて、全て国内で製造しています。
 5.着色料は使用しておりません。
 6.使用している全ての原料を表示しています。

ドクダーズダイエット
  犬用の特長&5つの配慮

1.ベタイン添加で肥満に対応
  ベタインは脂質代謝に働きかけ、
   体脂肪の蓄積を抑える働きがあります。
   メインテナンス・シニアライトではベタインを添加し、
    様々な疾患の原因となる肥満に対応しています。

2.適切なマグネシウム含量、適切な尿pH
  従来、猫に発症しやすい下部尿路疾患は、
   犬での罹患も増えているといわれています。
  ○ 低いマグネシウム含量
    高いマグネシウム含量は、
     ストルバイト尿結石の一因となります。
   ドクターズダイエット
     マグネシウム含量を低減し、
    高齢期にはシュウ酸カルシウムに起因する
   結石の危険性が高まるため、カルシウム過剰にも配慮しています。
 
  ○ 適正な尿pH
   下部尿路疾患はフード中のイオンバランスにより
    尿pHが変動し、尿結石の形成に影響を与えます。
   ドクターズダイエットは、
    ミネラルやアミノ酸を調整し、尿を弱酸性化することで
    尿pHの目標値を、それぞれのステージで
      最適になるように設計しています。

3.健やかな皮膚・被毛への配慮
  γ-リノレン酸は表皮の水分を保持したり、
  代謝されてプロスタグランジンなどの局所ホルモンとなり、
   表皮細胞の恒常性を保ちます。
  γ-リノレン酸、ω3脂肪酸(DHA)、
   亜鉛を強化していますので、  
    愛犬の健康で艶やかな皮膚・被毛を維持します。

4.抗酸化・免疫力への配慮
  老化の原因とされる体内での過酸化脂質の生成と蓄積。
   ドクターズダイエットでは過酸化脂質生成の
  原因となる活性酸素を除去する
   ブドウ種子ポリフェノール(水溶性)の配合と
   ビタミンE(脂溶性)の強化、
     更に生成された過酸化脂質を分解する有機セレンを
     配合しました。
   ブドウ種子ポリフェノール、ビタミンE強化、
   セレン酵母の複合抗酸化システムで 
     愛犬の抗酸化力・免疫力を維持します。

5.シャンピニオン・フラクトオリゴ糖で気になるにおいを解消
  シャンピニオンは、マッシュルームから抽出したエキスで、
  動物消化管の中で悪臭物質の生産を抑え、
  排泄物などの臭いを減らします。
   フラクトオリゴ糖は、腸内で乳酸菌(善玉菌)を増殖させ、
   ウエルシュ菌(悪玉菌)を抑えて便の状態を改善し、    
    体臭・便臭を抑制します。


動物病院で
ドクターズダイエットを処方してください」
といえば、ほとんどのケースで
受け取ることができます


  
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。