犬のしつけ方法    




犬の病気 〜結石症〜

犬の病気 〜結石症〜


結石症とはいったいどんな病気なのでしょうか?



症状と原因


結石症の症状は結石の存在する部位によってさまざまですが、
結石の物理的な刺激によって痛みを訴えます。
 ・オシッコに血が混じる血尿
 ・定期的に頻繁にオシッコを繰り返す・
 ・オシッコが終わった後に少量のオシッコがたれ続ける。

     などです

また、膀胱炎
(大腸菌・ブドウ球菌などの細菌感染や膀胱結石によって、
     膀胱の内壁が炎症が発症)
      や膀胱結石の疑いもあります

とくに尿管結石尿道結石の場合
痛みが強くあらわれることが多く、
犬は背中を丸めて腹部を緊張させ、
さわったり抱き上げられるのを嫌がります。
原因は食餌や飲み水などから摂取された
カルシウム・マグネシウム・リン・などの
ミネラルが成分となって尿中のたんぱく質と結合して作られます。

年齢的には約5〜6歳前後から起きやすく、
犬種ではポメラニアン・シーズー・マルチーズなどが
膀胱結石になりやすい種類だと言われています

また、オス犬が比較的にかかりやすく、
尿道が短かいのと・地面に腹這いになる姿勢が多いため
外部から膀胱内に細菌が侵入しやすいからです。

しかし、通常、動物の体は自浄作用があるため、
健康な犬の場合は多少、体内に細菌が侵入しても
すぐに感染症を起こすことはないでしょう。

ただ、あまり水を飲まないで排尿しない犬になりますと、
膀胱内に細菌が混入した尿が長時間溜まっている状態になり
感染症になりやすいです。


膀胱結石の犬は、膀胱内に尿がたまった状態で散歩や運動をして、
いきなり膀胱が破裂することもあるそうです
愛犬の排尿前後の動作に十分注意してあげて、
様子がおかしいと思ったなら
すぐに動物病院で検査・診察を受けてください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。