犬のしつけ方法    




間違った犬のしつけ方法

間違った犬のしつけ方法

大事な愛犬のしつけ方法を
間違ってしまうと・・・?


こうなってしまいます
 

◆人が通ると、 無駄に吠えてしまう…
   インターフォンや、車、来客のお客様、
   掃除機、夜中に突然、ワンワン吠えまくる。



◆あちこちでオシッコ、ウンチをする
   布団でウンチをしたり、
   床でオシッコをするからトイレを買ったのに、
   まったく使わない・・



◆興奮してワンちゃんのハウスに戻らない
   ペットショップで買ったハウスも、
   家のなかでは飾りもの、どうしてもハウスに戻ってくれない。



◆静かに座っていた時に、“お座りが”できない…
   なんでお座りしてくれないの!
   しっかりしつけたはずなのに、
   興奮すると、また、お座りができなくなってしまう。



◆ご飯を食べる時に、 “待て”ができない…
   いつもは、待てるのに、
   興奮すると待てなくなってしまいます。



◆人に“飛びつくクセが” あって、ビックリさせる…
   最初は、可愛いと思っていた飛びつき癖が
   他人にも飛びついて大変です。



◆散歩をしていると、 変なものを“拾って”食べてしまう…
   変なものを食べてしまい、ちょっと心配です。




はっきりと言いますが
 これらに心当たりがあれば
  犬のしつけは正しくできていません



あなたの愛犬は大丈夫ですか?


でも、「ご安心」ください。

実はワンちゃんには、人と違って、
ワンちゃんにしかない特徴があるのです。

その特徴をしっかり理解してあげ、
主人と愛犬との主従関係を築くことは、
子育てよりも、何倍もカンタンなことなのです。



  続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。